GMOとくとくBBのWiMAXで機種変更は損をするからダメ!このプランはフェイクですよ

GMOとくとくBBのWiMAXで機種変更は損をするからダメ!このプランはフェイクですよ
GMOとくとくBBの機種変更は損をする

WiMAXの契約期間も終了した、もしくは機種代金も払い終わったし、そろそろ新しい機種に乗り換えるかな?そんなときに考えるのが「機種変更」ですよね。GMOとくとくBB WiMAXも例外なく「機種変更プラン」を用意しています。ただ、この「機種変更プラン」じつは全然お得ではないんです。そこでこのページでは、なぜWiMAXの機種変更プランがお得ではないのか、機種を変えたい人はどうするのがいいのかを解説します。

GMOとくとくBB WiMAXの機種変更 WiMAX+5G乗り換えプランの解説

そもそも乗り換えキャンペーンがどういったものかのかを確認します。ここが分かっていないと、比較しようがありませんから。 この乗り換えキャンペーンの対象は「WiMAX2+ユーザーがWiMAX+5Gに乗り換える」ことが条件です。WiMAX+5GからWiMAX+5Gへの機種変更やWiMAX2+からWiMAX2+の機種変更プランは存在しません。その点はご注意ください。

GMOとくとくBB 機種変更の概要とやり方

対象ユーザー

GMOとくとくBBのWiMAX 2+をご利用の方で、本キャンペーンページより「GMOとくとくBB WiMAX +5G 接続サービス」をお申込みいただいた方のみ対象

キャンペーンの特典は

WiMAX2+の解約違約金が更新月でなくても無料

キャンペーンの特典はこれだけです。

この特典を踏まえて、「機種変更」と「新規契約」の料金比較をしていきます。

新規契約する場合には、一度現在のWiMAX2+の契約を退会しないといけません。その際に解約違約金がかかります。

まずはWiMAX2+契約から25ヵ月以上たっている違約金が一番すくないケースで比較してみます。

2年間利用した場合で料金を算出しました。新規契約の場合には一度解約する必要があるために解約違約金がかかります。25ヵ月以降ですと10,450円かかるので違約金の項目も加えておきます。

項目新規契約機種変更
事務手数料33003300
月額料金合算91454104500
機種代金2178021780
キャッシュバック230000
違約金104500
総合計103984113850

ビックリすることに機種変更のほうが料金が高くなっています。

なぜ機種変更のほうが高くなるのかというと。

  • 機種変更プランにはキャッシュバックがない
  • 機種変更プランのほうが月々の通信料金が高い

単純に新規キャンペーンのほうが割引きが多いために安くなります。

結論:GMOとくとくBBの機種変更 5Gプランは全然お得じゃないから機種変更をしてはいけません

結論としてGMOとくとくBBの機種変更プランを申し込んではダメです。新しい機種は貰えますが、料金が高すぎるためにまったくもってメリットがありません。それなら解約して新規契約を結んだほうがお得です。

また以前はGMOとくとくBB WiMAXの再契約はキャッシュバックキャンペーン対象外だったのですが、料金プランがWiMAX2+からWiMAX+5Gに変更になってこの制約はなくなりました。

そのため、GMOとくとくBB WiMAXのサービスを利用したことがある人でもキャッシュバックキャンペーンの対象になります。また安くWiMAXを契約することができます。

解約時の注意点

解約月の20日までに解約手続きを済ませないと、解約が翌月扱いになります。解約もBBNaviからでるようになっています。ご利用中のサービスからWiMAX2+を選択→詳細はこちら→その他のお手続き→とくとくBBの退会であとは手続きをすすめるだけです。

違約金は不要

機種変更プランを利用する場合には解約違約金は不要になります。GMOとくとくBB WiMAXは2021年8月からWiMAX+5Gの受付をスタートしています。ですからその当時3年契約をしていたとしても、契約から3年目に入っている現在の解約違約金は10,450円です。この10,450の解約違約金は機種変更プランを利用した場合には無料となります。

GMOとくとくBBは機種変更後の機種返却は不要

GMOとくとくBBは機種変更でも解約時でも機種の返却は不要となっています。また以前はルーターの中に差し込んでいるSIMカードを返却する必要がありましたが、現在はSIMカードも返却不要となっています。 GMOとくとくBB WiMAXの機種変更プランは「WiMAX2+からWiMAX+5G」プランへの機種変更だけしかないため、SIMカードも変わります。手元に残った古い機種のSIMカードは不要になります。

WiMAX2+の機種でWiMAX+5GのSIMカードは使えない

端末は返却不要ですが、WiMAX2+とWiMAX+5Gは機種の互換性がないためにWiMAX+5Gの新機種についてくるSIMカードをWiMAX2+の機種に差し込んでも利用することができません

関連記事

GMOとくとくBB WiMAXの機種変更に関するよくある質問

GMOとくとくBB WiMAXの機種変更のやり方は?

機種変更専用のページから申し込めばOKです。

それ以外のページからの申込みは機種変更にならないので気をつけましょう。

GMOとくとくBB WiMAXで機種変更をするデメリットはある?

機種変更は解約して新規契約をしなおすのに比べて料金が高くなります。

また機種変更も端末代金がかかります。3年利用すれば端末割引で相殺されますが、途中解約した場合には端末代金の残りを一括で支払う必要があります。

前の端末は使える?

WiMAX2+からWiMAX+5Gの契約になるため、利用していた機種は使えなくなります。

WiMAX

※ この情報は2024年07月17日現在の情報です
※ 最新の情報については必ず公式サイトでご確認ください。
※ 本記事は可能な限り正確な情報を記載しておりますが、内容の正確性や安全性、収益性を保証するものではありません。
※ 本記事ではインターネット回線に関する情報を提供していますが、サービス契約の代理、媒介、斡旋をするものではありません。
※ 本記事にて公開している情報を利用された際に生じたいかなる損害につきましても責任を負いかねますのでご了承下さい。
※ インターネット回線の契約・申込みはご自身で各社のホームページを確認、判断いただきますようお願いします。