NBAの放送やネット配信の視聴方法2023年まとめ!生中継や地上波テレビ放送の予定までしっかり解説

NBAの放送やネット配信の視聴方法2023年まとめ!生中継や地上波テレビ放送の予定までしっかり解説
NBAの放送について解説

日本人も活躍するNBAですが、日本では視聴方法が限られています。

そこでこのページでは2023年-2024年シーズンのNBA放送の視聴方法を解説します。

今シーズンのNBA視聴方法は2つ

  • NBA楽天で視聴する
  • WOWOWで視聴する

この2つの選択肢があります。 それぞれ出来ることできないことがあるので、その点を含めて解説します。

NBA楽天で全試合放送を視聴する

NBAの試合を全試合視聴するのであれば、選択肢は1つNBA楽天に加入Marker>しましょう。

楽天は2017年10月10日にNBAと日本での独占配信パートナーおよび、グローバルマーケティングパートナーとする複数年のパートナー契約を締結しています。- NBA, Japan's Rakuten announce exclusive online distribution deal

このためNBAの放送は楽天の独占契約となります。 いちおう5年契約だったようですが、それだと2022-2023シーズンで終了しているはずなので、なんらかの延長契約がなされたようです。

それ以前は、NHKのBS放送や地上波での放送もありましたが現在は完全に終了しています。

NBA楽天を利用するメリット

NBA楽天のメリット
  • NBAの試合が日本国内で全試合独占配信
  • PCやスマホからいつでもどこでも視聴できる
  • 注目試合は日本語解説あり!
  • ライブ配信・見逃し配信があるため好きなタイミングで視聴可能

NBAのレギュラーシーズンからプレーオフまで全試合配信

国内で唯一NBAとパートナーシップ契約を結んでいるので、プレシーズン、レギュラーシーズン、プレーオフ、ファイナル、まで全ての試合を視聴することができます。

レギュラーシーズンの試合数は合計で1230試合。プレーオフ、ファイナルは16チームのトーナメントで行われ4戦先取したほうがコマを進めます。

またオールスターゲームも完全中継されます。すべての試合がLIVE、オンデマンドで配信されるとめ、いつでも視聴することができます。

PCやスマホからいつでもどこでも視聴可能

スマホ、タブレット、パソコンはもちろん、AndroidTV搭載の一部テレビや、AmazonのFireTV、Google ChromeCast、AppleのAppleTVからでも視聴できるので、家でも外でも好きなデバイスを通してNBAを楽しむことができます。

注目の試合は日本語解説あり!

さすがに全試合とはいきませんが、注目のカードは日本語解説つきで放送されます。 スポーツ中継なので英語が分からないと楽しめないわけではないのですが、やはり日本語での解説があるとわかりやすくていいですよね。

ただ日本語で放送される試合はそれほど多くありません。

全試合LIVE、見逃し配信あり

全試合LIVE放送されますし、見れなかった試合もいつでも視聴可能です。移動時間や仕事の休憩時間などの隙間時間を利用して観戦することができます。

NBA楽天の料金プラン

NBA楽天の料金プランは2022‐2023シーズンから変更になっています。

料金プランを比較してみましょう。

変更前変更後
LEAGUE PASS月額プラン2,970円4,500円
LEAGUE PASS年間プラン13,200円廃止
BASIC PASS(月額)990円廃止

2022年はNBAの全てのコンテンツが視聴できる「LEAGGUE PASS」とNBA楽天が選択した試合が視聴できる「BASIC PASS」がありましたが、2023年はLEAGE PASS月額プランのみに1本化されました。

ただしLEAGUE PASS月額プランが大幅に値上げになっています。

NBA楽天LEAGUE PASS値上げ

旧プラン2,970円 → 新プラン4,500円

その代わり、もっとお得なプランがリリースされました。

楽天モバイル最強プラン契約なら無料でNBA楽天が視聴可能に

するとNBA楽天が無料で視聴可能になりました。

何がすごいのかというと「」の料金は以下のようになっています。

通信量料金
3GBまで1,078円
3GB-無制限3,278円

月3GBまでしか使わない場合には1,078円しかかかりません。メインの回線にするには厳しいかもしれませんが、サブ回線として契約するなら困ることはないでしょう。

全試合視聴なら

NBA楽天は楽天の回線以外からも視聴可能

楽天モバイルを契約すると、無料で視聴可能といわれると、楽天モバイル回線を利用しないとNBA楽天が視聴できないのでは?と思われがちですが、そんなことありません。

家の光回線でも、別途契約している携帯回線からでも視聴可能です。

条件はを契約しているかどうかだけです。

全試合視聴なら

NBA楽天 2023-2024シーズンの料金プランまとめ

改めてNBA楽天の料金プランをまとめます。

LEAGUE PASS楽天モバイル契約
月額料金4,500円1,078円※1

※1 楽天モバイル回線を3GB以上利用すると、月額料金は3,278円になります。

ということで、NBA楽天をお得に契約するならLEAGUE PASSを契約するよりも楽天モバイル最強プランを契約するのがお得です。

全試合視聴なら

NBA LEAGUE PASS for 楽天モバイル契約の流れ

NBA LEAGUE PASS for 楽天モバイル契約の流れ
  1. 楽天最強プランを開通する
  2. 楽天モバイルを契約した楽天IDでNBA楽天にログインすれば登録完了

楽天モバイルの申し込み

手続きも非常に簡単です。まずはをします。

全試合視聴なら

楽天最強プランを開通する

回線を利用してWEBサイトなどに接続してみてください。基本的にこれで開通が完了します。 一度通信しないと開通確認がとれないため利用開始したとみなされない場合があります。

NBA楽天のページに進み楽天モバイルを契約した楽天IDでログインする

NBA楽天ページに進み楽天モバイルを契約した楽天IDとパスワードでNBA楽天にログインすれば完了です。

これで終了です。

※「Rakuten最強プラン」開通直後に本サービスを利用する場合、サービス適用条件を満たすまで1日から2日程度お待ちいただく場合がございます。

とのただし書きがあるのですぐに利用できない場合は少し時間をあけてアクセスするようにしてください。

全試合視聴なら

WOWOWでNBAを視聴する

2023-2024シーズンはNBA楽天以外にもWOWOWでも放送されます。WOWOWでNBAのレギュラーシーズンが放送されるのはもう6年ぶりとかになると思います。

ただ残念なことに、WOWOWで放送される試合数はかなり限定されます。

WOWOWでNBAを視聴する
  • テレビ放送は毎週注目の5試合 実況・解説つきで放送
  • WOWOWオンデマンドで配信視聴は5試合+2試合(日本語解説なし)の合計7試合配信
  • 八村塁(ロサンゼルス・レイカーズ)、渡邊雄太(フェニックス・サンズ)の試合は毎週各1試合を、放送・配信で生中継
  • プレーオフカンファレンス決勝(最大14試合)とNBAファイナル(最大7試合)は全試合を、放送・配信で生中継
  • NBAオールスターゲームおよびNBAオールスターサタデーも、放送・配信で生中継

WOWOW放送は5試合オンデマンドで2試合ついか

WOWOWで放送はBS放送で5試合放送されます。この5試合は日本語の実況、解説つきで放送されます。

WOWOWオンデマンドではこの5試合に追加して、さらに2試合追加で配信されます。追加される2試合には日本語の実況解説はつきません。

WOWOWオンデマンドはインターネット配信です。WOWOWの契約をしていれば追加料金なしでWOWOWオンデマンドが視聴できます。

ただし生中継での放送になります。見逃し配信はありません。

八村塁選手、渡辺雄太先取の試合は毎週各1試合を放送

日本人の2選手の試合は毎週各1試合が放送されます。

プレーオフは一部放送。ファイナル・オールスタ―も放送

プレーオフは各カンファレンスの決勝のみ放送。ファイナルとオールスターは全て放送されます。

WOWOWの料金プラン

WOWOWの視聴料金は月額2,530円です。WOWOWオンデマンドの視聴にも追加料金はかかりません。

もちろんこの料金でNBA以外のコンテンツも全て視聴できるのでどちらかというと映画やドラマ、サッカーのUEFAチャンピオンズリーグなども視聴できます。

徹底的にNBAを楽しみたい人には向きませんが、他のコンテンツ+NBAで日本人選手の活躍を見たい!という人にはWOWOWのほうがコスパがいいかもしれません。

NHKのBS放送や民放ではNBAは放送されない

NBA楽天が独占契約をむすんでいるため、他の放送局では基本的に放送されません。 そのためWOWOW以外のBS放送やNHK、民放でNBAは放送されません。

最近はスポーツ中継も料金が高騰していることもあり、日本の民放各社やNHKではそこまでの料金が払えないということなのでしょう。NHKはNFLの放送も撤退していますし、今後はMLBすら怪しくなるのかもしれません。

NBA放送の視聴方法まとめ

2023-2024シーズンのNBA放送を視聴する方法は2つ

NBA放送を視聴する方法
  • NBA楽天で視聴
  • WOWOWで視聴

NBA楽天とWOWOWの違い

NBA楽天WOWOW
レギュラーシーズン全試合(およそ1,230試合)およそ173試合(週7試合計算)
プレーオフ全試合カンファレンス決勝のみ
ファイナル全試合全試合
オールスター放送放送
見逃し配信全試合なし
月額料金1,078円※12,530円

※1 NBA楽天の料金は楽天モバイル最強プラン契約時の月額料金

NBA楽天とWOWOWの料金差は最大

NBAは10月に開幕して、6月にファイナルが行われるので最大9か月分の月額料金がかかります。

NBA 9ヵ月視聴料金
  • NBA楽天 - 9,702円
  • WOWOW - 22,770円

このように、NBAだけを視聴するならNBA楽天のコスパが圧倒的です。全試合LIVE、見逃し配信ありでこの値段ですから破格でしょう。

結論

さきほども書きましたが、WOWOWは映画、音楽、ドラマ、他のスポーツなどの配信も含めた料金です。NBAを全試合視聴とか無理だし、他のコンテンツと合せてNBAの試合も視聴したいならWOWOWがいいでしょう。

とにかく、NBAをガッツリ視聴したいのであればNBA楽天を選ぶのが良いと思います。NBA楽天のLEAGUE PASSは割高なので楽天モバイル最強プランを契約することをオススメします。

楽天モバイル最強プランが最適な理由
  • 初期費用無し
  • 契約期間なし
  • 解約違約金なし
  • 3GB/月までの利用なら月額1,078円
  • 契約も解約もオンラインで簡単

月額料金以外はかかりませんし、契約も解約もオンラインで完結できます。 メイン回線を持っている人はサブで持っておいても損はないです。なにせLEAGUE PASSを契約するのに比べたら毎月3,422円も節約になるんですから。

携帯に1枚しかSIMカードを挿せない機種もあるので、その場合にはeSIMを選ぶか、楽天で販売されている機種をセットで購入してもいいかもしれません。Android製のスマートフォンなら安く購入できます。

かなりお得にNBAが視聴できるので、NBA楽天を視聴するのであれば楽天モバイル最強プランの契約をオススメします。

全試合視聴なら

VOD(動画配信サービス)

※ この情報は2024年07月17日現在の情報です
※ 最新の情報については必ず公式サイトでご確認ください。
※ 本記事は可能な限り正確な情報を記載しておりますが、内容の正確性や安全性、収益性を保証するものではありません。
※ 本記事ではインターネット回線に関する情報を提供していますが、サービス契約の代理、媒介、斡旋をするものではありません。
※ 本記事にて公開している情報を利用された際に生じたいかなる損害につきましても責任を負いかねますのでご了承下さい。
※ インターネット回線の契約・申込みはご自身で各社のホームページを確認、判断いただきますようお願いします。