オンライン授業に最適なWifi環境を解説!手軽にすぐに環境を用意できる方法を紹介します。

オンライン授業に最適なWifi環境を解説!手軽にすぐに環境を用意できる方法を紹介します。
オンライン授業に最適なWiFi

面での授業ができればいいのですが、まだまだオンラインでの授業も多く残っています。そのオンライン授業に重要なのが通信回線です。

携帯の回線だけでは通信量が多くなった時の不安から、ポケットwifiを契約する人が増えています。

ネット回線は光回線などの固定回線もありますが、その中でもポケットWifiに人気が集まっている理由は「工事不要」「契約してすぐに利用できる」からです。

そこでこのページではこれからオンライン授業に備えてポケットWifiの契約を考えている方に失敗しないポケットwifiの選び方をまとめました。

学校によってはネットワーク環境の整っていない学生にはポケットWifiの貸出を行っているケースもあります。あらかじめ学校に確認をして貸与されるならそちらを利用する方が余計な出費にならないのでいいでしょう。

オンライン授業の種類

まずオンライン授業がどのように行われているのでしょうか。

オンライン授業は大きく2つの形式に分けることができます。

オンライン授業の種類
  1. 同時配信型
  2. オンデマンド型

同時配信型の授業

リアルタイムで配信され実際の講義のように教員と学生の双方向から音や動画のやり取りをするタイプの授業です。

WEB会議などでよく利用されるZoomなどのソフトを利用することが多いようです。とくに特殊な機器がなくてもスマホやパソコンがあれば問題なく通信できます。

オンデマンド型

事前に録画された動画を配信する。もしくは教員から動画がリアルタイムで配信されて、学生側の意見や質問は別のチャットサービスやメールなどのツールで質問、議論を行うのがオンデマンド型になります。

オンライン授業でポケットWifiに求められるもの

オンライン授業で回線に求められるのはある程度の速度と豊富な通信容量です。

そこそこ回線速度が必要

オンライン授業に求められる速度は超高速である必要はありません。

同時配信型の授業でよく利用されるZoomで推奨される通信速度を見てみましょう。

種類ダウンロードアップロード
ビデオ通話高品質600kbps600kbps
ビデオ通話HD1.2Mbps1.2Mbps
ビデオ通話FHD1.8Mbps1.8Mbps
グループビデオ高品質
グループビデオ720p1.5Mpbs1.5Mbps
グループビデオ1080p2.5Mpbs3.0Mbps

グループビデオで一番画質のいいタイプでも3Mbps程度です。これくらいの速度ならほとんどのポケットWifiを利用しても問題なく利用できるでしょう。

次にオンデマンドタイプの授業だった場合はどうでしょうか。例えばYoutubeなどで配信された場合の推奨速度を見てみましょう。

解像度推奨速度
4k20Mbps
HD1080p5Mbps
HD720p2.5Mbps
sd480p1.1Mbps
sd360p0.7Mbps

まさか学校の講義を4K視聴することはないでしょうし、動画を作成する教員側も4Kなどで配信することはないでしょう。HD1080Pで配信されていて、それをHD1080Pで視聴しても推奨速度は5Mbpsです。

このように実は動画の視聴はそれほど回線速度がなくても問題なく視聴できます。

速度はそれほど不安要素がないものの問題は通信容量です。

動画視聴は通信容量が多くなる

動画視聴はどうしても通信容量が多くなります。ここがオンライン授業で一番のネックとなる部分です。

例えばZoomのビデオ動画などだと1時間600Mb程度が目安といわれていたり、Youtubeは480Pで同じくらいの通信量といわれますが、実際にりようすると思ったよりも多く通信していた李することもあります。

また大学などだとどれくらいの講義を受講するかによっても利用量が変わるでしょう。

講義によっては通信品質を落とすと見にくかったりすることもあるでしょうから。通信量は気にせずに通信できるのが理想です。

ここまでオンライン授業に関する説明となります。ここからはオンライン授業に適したポケットWiFiの選び方を説明します。

ポケットWifiの選び方

オンライン授業でオススメしたいポケットWifiはWiMAXです。

なぜwimaxをオススメするのか。それは、先ほどのオンライン授業で問題になる「速度」「通信容量」の問題をクリアできるからです。

WiMAXは月間の通信容量無制限

wimaxは月間の通信容量が無制限です。3日10GB制限がありますが、制限がかかるのは夕方18時から夜中の2時までの8時間だけです。日中の授業を受ける時間帯は全く制限を受けることがありません。

他のポケットwifiは月間の制限があります。月の容量を超えると日中も夜中も全く使えない速度に制限されます。これではオンライン授業に用いるのは不安でしょう。

WiMAXは通信速度が速い

WiMAXは通信速度が速いです。カタログスペックで下り440Mbpsです。動画視聴などは全然問題のない速度です。

次にWiMAXの契約の流れを確認していきます。

WiMAX契約の流れ

wimax契約の流れ
  1. エリアの確認
  2. プロバイダを決める

まずはエリアの確認が必要です。これはどのポケットWifiでも同じですが利用する場所がエリア外では使い物になりません。まずはエリア確認をしましょう。エリア確認は以下のサイトの中ほどでサービスエリア確認ができます。

ここで問題なければWiMAXのプロバイダを選択します。ここではオンライン授業に特化したプロバイダの選び方を説明します。

オンライン授業は今後どれだけ続くか分かりません。WiMAXの契約は3年契約が多いのですが、3年後にもオンライン授業は行われているか分かりません。

それならば不要になったときに出来るだけ負担が無く解約できるプロバイダを選びましょう。

要は短期契約、短期解約が可能なプロバイダを選ぶのが良いです。

WiMAX

※ この情報は2024年07月17日現在の情報です
※ 最新の情報については必ず公式サイトでご確認ください。
※ 本記事は可能な限り正確な情報を記載しておりますが、内容の正確性や安全性、収益性を保証するものではありません。
※ 本記事ではインターネット回線に関する情報を提供していますが、サービス契約の代理、媒介、斡旋をするものではありません。
※ 本記事にて公開している情報を利用された際に生じたいかなる損害につきましても責任を負いかねますのでご了承下さい。
※ インターネット回線の契約・申込みはご自身で各社のホームページを確認、判断いただきますようお願いします。