Speed Wi-Fi 5G X12の実機レビューと評判

Speed Wi-Fi 5G X12の実機レビューと評判
Speed Wi-Fi 5G X12のメリット・デメリットを検証

UQコミュニケーションズSpeed Wi-Fi 5G X12の発売開始を 発表しました。 すでに発売が開始されています。

注目は5GSA(スタンドアローン)に対応した機種であること。 残念な点としては前モデルのSpeed Wi-Fi 5G X11から大きく変わった点がないことでしょうか。

このページではSpeed Wi-Fi 5G X12のメリット・デメリットをまとめて紹介します。

この記事の結論
  • 2年以内の契約なら -
  • 3年以上使う可能性があるなら -
この記事でわかること
  • Speed Wi-Fi 5G X12の良い点・メリット
  • Speed Wi-Fi 5G X12のイマイチなところ・デメリット
  • Speed Wi-Fi 5G X12 とホームルーターはどっちがおすすめ?
  • Speed Wi-Fi 5G X12 と X11を比較。何が変わったのか?
  • Speed Wi-Fi 5G X12が最安値で利用できるプロバイダを紹介

目次

  1. Speed Wi-Fi 5G X12のキャンペーンを比較
  2. Speed Wi-Fi 5G X12の基本スペック
  3. Speed Wi-Fi 5G X12 の特徴とメリット
  4. 5G SA対応の機種
    1. 通信速度の向上
    2. ネットワークスライシング対応
  5. Wi-Fi6対応で通信の安定性が高い
    1. 高速化
    2. 混雑に強い
    3. 省エネ
    4. 下位互換性
  6. 5Gの対応バンドが増えて5Gがより利用しやすくなった
    1. バンドn3 1.7Ghz対応に
    2. Speed Wi-Fi 5G X12もクレードル対応
  7. WiMAX X12とX11の違いは何?
    1. 5G SA(スタンドアローン)に対応
      1. 5G SAはデフォルトではOFF
    2. 外観は同じ
    3. バッテリーの持続性は向上
    4. バッテリーの交換は不可
    5. 充電器は純正品はおすすめしない
    6. OFDMA非対応も同じ
    7. X12とX11の違い・比較まとめ
  8. Speed Wi-Fi 5G X12 と 他社製品を比較
    1. WiMAXは機種が安い
    2. WiMAXは月額料金が安い
    3. 他社プランとの比較まとめ
  9. Speed Wi-Fi 5G X12 はホームルーターの代わりになる?
    1. 電源の違い
    2. 同時接続台数の違い
    3. ホームルーターに代わりになるのか
  10. Speed Wi-Fi 5G X12 で楽天モバイルは使える?
  11. Speed Wi-Fi 5G X12 ユーザーの口コミ・評判
    1. 速度は十分
  12. Speed Wi-Fi 5G X12を契約するのにおすすめのプロバイダ
  13. Speed Wi-Fi 5G X12 の最安値を見つけろ!WiMAXプロバイダ比較
  14. Speed Wi-Fi 5G X12を契約するのにおすすめのプロバイダ
  15. まとめ
    1. Speed Wi-Fi 5G X12のメリット
    2. Speed Wi-Fi 5G X12のデメリット
    3. Speed Wi-Fi 5G X12を契約するのにおすすめのプロバイダはUQ もしくは GMOとくとくBB

Speed Wi-Fi 5G X12のキャンペーンを比較

Speed Wi-Fi 5G X12のキャンペーンをプロバイダの料金を比較してランキングにしています。 料金は 初期費用 + 月額料金 × 利用月数 + 端末代金 + 解約違約金 を合算した料金を表示しています。

1年利用時、2年利用時、3年利用時を切り替えて表示できるようにしています。

  • 1年料金
  • 2年料金
  • 3年料金
名前総料金詳細
58,856
66,704
75,350
75,636
80,014
80,069
80,234
81,267
81,321
ゼウス84,480-
hi-ho86,361-
eWi-Fi89,782-
90,156
ゼウス93,060-
au95,374-

2024年のWiMAXの選び方はズバリこの2つです。

WiMAXプロバイダの選び方
  • 2年以内の契約なら -
  • 3年以上使う可能性があるなら -

初めてのWiMAXにおすすめのプロバイダ

BIGLOBE WiMAX

実際に利用してみるまでWiMAXの速度、エリアに満足できるかは分かりません。将来的にはネット回線の利用目的も変わるかもしれません。ですから、はじめてWiMAXを契約するのであれば柔軟性のある契約をオススメします。まずは短期解約でも金銭的な負担が少ないプロバイダから始めて、問題なければ長期契約ができるプロバイダに移ればいいでしょう。

つまり安く契約できて、短期間での解約でも不要な出費が少ないプロバイダを選ぶこと。最適なのがBIGLOBE WiMAXになります。

BIGLOBE WiMAXの3つのメリット

BIGLOBE WiMAXのメリット

2年以内の利用なら最安

BIGLOBE WiMAXは2年以内の利用であれば、契約事務手数料 + 機種代金 + 月々の通信料の合計が2年利用なら最安で利用できるプロバイダになります。

最低利用期間なし

BIGLOBE WiMAXは最低利用期間がありません。そのため契約後にいつ解約しても違約金などは発生しません。

キャッシュバックが翌月受け取れる

WiMAXのプロバイダはキャッシュバック受取までの期間が1年程度先になるプロバイダ多いなか、BIGLOBE WiMAXは契約月の翌月にキャッシュバックを受け取ることができます。

初めてのWiMAXに最適なのはBIGLOBE WiMAX

「速度やエリア」などは使ってみないとわからない部分が多いです。万が一満足ができなかったときのときのことを考えるとWiMAXを初めて使うなら解約時の費用負担を最低限に抑えられるBIGLOBE WiMAXなら安心して契約できるのではないでしょうか。

初めてのWiMAXなら

3年以上の長期契約で安く契約したい人におすすめのプロバイダ

GMOとくとくBB WiMAX

GMOとくとくBBはとにかく「料金の安さ」をウリにしているプロバイダです。長く契約するにあたって安くWiMAXを契約するならここを選んでおけば間違いありません。

WiMAXを安く契約

GMOとくとくBB WiMAXのメリット

高額キャッシュバック

GMOとくとくBB WiMAXの魅力は「高額なキャッシュバック」。受け取りが1年ほど先になるのがネックですが、キャッシュバックを利用することでWiMAXを安く利用することが出来ます。

月額料金も割引

キャッシュバック額ばかりに目が行きがちですが、実はGMOとくとくBBは月々の通信料の割引も大きいです。最大1000円ほど値引きされることもあります。

3年以上契約するならGMOとくとくBB WiMAX

3年以上契約するならGMOとくとくBB WiMAXがおすすめです。

注意点はキャッシュバックが1年ほど先になるため、キャッシュバック受け取り前に解約をすると、まったく安くないこと。WiMAXを利用したことがあるユーザーが契約するなら使い勝手もわかっているので問題ないですが、初めてWiMAXを契約するのならオススメできません。

WiMAXプロバイダの選び方
  • 2年以内の契約なら -
  • 3年以上使う可能性があるなら -

Speed Wi-Fi 5G X12の基本スペック

機種Speed Wi-Fi 5G X12
画像
Speed Wi-Fi 5G X12
製造元NECプラットフォームズ株式会社
ネットワーク5G(sub6/NR化)
4G LTE
WiMAX2+
連続通信時間9時間
連続待受時間420時間
同時接続台数17
サイズ幅136×高さ68×奥行き14.8mm
重量174g
バッテリー容量4000mAh
Wi-Fi規格5GhzIEEE802.11a/n/ac/ax
Wi-Fi規格2.4GhzIEEE802.11b/g/n/ax
UIMサイズNanoIC
ダウンロード最大速度3,900Mbps
アップロード最大速度183Mbps
5G SA対応

これまでのモバイルタイプの機種から、最大通信速度がさらに上がりました。

この機種は理論値は下り最大3.9Gbpsです。これまで2.7GbpsがWiMAXの最速値ですからおよそ1Gbps以上最大つ心速度は上がっています。

また全機種から変わらずにWi-Fi6に対応しているために、従来のWi-Fiよりも高速なデータ転送速度を実現します。これにより、大容量のファイルのダウンロードやストリーミング、オンラインゲームなどの高帯域幅を必要とするアプリケーションをよりスムーズに利用することができます。

Speed Wi-Fi 5G X12 の特徴とメリット

メリット
  • 5GSA対応でさらに高速通信ができるようになった
  • Wi-Fi6対応で速度はでやすい
  • 5Gの対応バンドも増えて5Gが捕まえやすくなった
  • クレードルにも対応

通信速度をアップさせるために従来機からアップデートされています。

5G SA対応の機種

5G SA(スタンドアローン)

これまでの5Gは4GLTEのコアネットワークと5Gの基地局を組みあわせて通信を行なうNSA(ノンスタンドアローン)方式でした。 なぜ5Gなのに4G向けの設備を利用していたのかというと、4GLTEで利用していた設備をそのまま利用できるために、それだけコストを抑えて早く5Gサービスを導入することができるからです。

Speed Wifi 5G X12はコア装置、基地局などすべて5Gの新しい技術を利用する5G SA(スタンドアローン)方式に対応する初めてWiMAX機種になります。

通信速度の向上

すべて5Gの設備が利用できることで、通信を開始する時間が短くなり、上りの通信速度の向上が見込まれます。 またネットワークスライシングに対応しています。

ネットワークスライシング対応

ネットワークスライシングは接続しているデバイスによってネットワークを仮想的に分割して対応する技術です。 スマホで動画を見るなら高速大容量通信が必要になりますが、速度がとくに必要ないような機器には低速で接続するため無駄なく回線が利用できるようになります。

Speed Wifi 5G X12 は5G SAに対応することで5Gの本当の特徴である高速大容量、高信頼・低遅延通信、多数同時接続にまた一歩近づくことになります。

Wi-Fi6対応で通信の安定性が高い

Wi-Fi 6は最新のWi-Fi規格で、以下のようなメリットがあります:

高速化

Wi-Fi 6は、Wi-Fi 5と比較して約1.4倍の最大通信速度を持っています。これにより、8Kや4Kの高解像度映像配信が可能になり、データの送受信にかかる時間が大幅に短縮されます。

混雑に強い

Wi-Fi 6は「直交周波数分割多元接続(OFDMA)」という技術を採用しており、多台数の機器が同時にWi-Fiに接続している状態でも、通信の順番待ちが発生しないため、快適にWi-Fiを利用できます。

省エネ

Wi-Fi 6は「TWT(Target Wake Time)」という技術を採用しています。これは、Wi-Fi親機から端末へのデータ通信タイミングを調整し、信号受信待機の必要がない時に子機側の通信機能をスリープ状態へ移行させることで消費電力を抑え、バッテリーを長持ちさせることができます。

下位互換性

Wi-Fi 6対応のWi-Fiルーターは、下位互換といって、古い世代のWi-Fi規格にも対応しています。そのため、新しいWi-Fi 6対応のルーターを購入しても、今まで使っていたスマートフォンやタブレット、パソコン、スマート家電はそのまま使えます。

これらのメリットにより、Wi-Fi 6は高速で安定したインターネット接続を提供し、さまざまなデバイスの接続をより効率的に管理します。

5Gの対応バンドが増えて5Gがより利用しやすくなった

参照:身近な電波とその周波数

これまでのWiMAXの機種で対応していた5Gの周波数は

  • n28 - 700Mhz
  • n41 - 2.5Ghz
  • n77 - 4.0GHz
  • n78 - 3.5Ghz
  • n78 - 3.7Ghz

この5つでした。

バンドn3 1.7Ghz対応に

ここにn3 - 1.7Ghz が加わりました。 1.7Ghzはauの回線でも比較的広い範囲で5G化されている周波数帯なので、この周波数帯が使えることで5Gで利用できるエリアがこれまでよりも広くなります。

(参照: KDDI株式会社及び沖縄セルラー電話株式会社に係る特定基地局の開設計画の変更認定)

ちなみにWiMAX X12は楽天モバイルでも利用できます。

Speed Wi-Fi 5G X12もクレードル対応

Speed Wi-Fi 5G X12 クレードル

Speed Wi-Fi 5G X12も専用スタンドのクレードルに対応しています。 クレードルにX12を置くことで有線LANでの接続ができるようになります。

有線LANで接続したい人は購入必須です。 クレードルはauアクセサリーショップで購入すると5,720円ですが、550円安く購入できるので、有線LAN接続での利用を想定しているのなら契約時に一緒に購入するのがいいでしょう。

WiMAX X12とX11の違いは何?

Speed Wi-Fi 5G X12は旧モデルと比べて何が変わったのか。前のモデルのX11とスペックを比較してみます。

機種Speed Wi-Fi 5G X12Speed Wi-Fi 5G X11
画像
Speed Wi-Fi 5G X12
Speed Wi-Fi 5G X11
製造元NECプラットフォームズ株式会社NECプラットフォームズ株式会社
ネットワーク5G(sub6/NR化)
4G LTE
WiMAX2+
5G(sub6/NR化)
4G LTE
WiMAX2+
連続通信時間9時間8.2時間
連続待受時間420時間400時間
同時接続台数1717
サイズ幅136×高さ68×奥行き14.8mm幅136×高さ68×奥行き14.8mm
重量174g174g
バッテリー容量4000mAh4000mAh
Wi-Fi規格5GhzIEEE802.11a/n/ac/axIEEE802.11a/n/ac/ax
Wi-Fi規格2.4GhzIEEE802.11b/g/n/axIEEE802.11b/g/n/ax
UIMサイズNanoICNanoIC
ダウンロード最大速度3,900Mbps2,700Mbps
アップロード最大速度183Mbps183Mbps
5G SA対応非対応

5G SA(スタンドアローン)に対応

X12は5G SA(スタンドアローン)に対応しましたが、X11は非対応です。 ただ5G SAはソフトウェアのアップデートで対応できるような話も聞きますが、さすがに旧モデルには対応してくれないでしょう。

Galaxyの新機種がでないのであれば、Galaxy 5G Mobile Wi-Fiだけでもアップデートしてほしいですね。

5G SAはデフォルトではOFF

5G SAは初期設定では 「使用しない」 になっています。5GSAを利用するにはメインメニューから「モバイルネットワーク」- 「5G SA」を選択して、決定ボタンを推して 「>> 使用する」に変更してください。

外観は同じ

X12もX11も製品の外観は同じ。バッテリーサイズも変わっていないので、ハード部分はそのまま旧モデルからの流用と思われます。

操作性も変わらないことになります。

バッテリーの持続性は向上

バッテリーは少しですが、X12のほうが長持ちするようになりました。 ただそれでもノーマルモードで9時間ほど。通信速度が最もでるハイパフォーマンスモードは恐らく6時間~7時間ほどでしょうか。

1日外出する場合にはバッテリーモードを変更しながら利用する必要がありそうです。

バッテリーの交換は不可

Speed Wi-Fi 5G X12はバッテリー交換ができません。これは前の機種のSpeed Wi-Fi 5G X11も同じです。

NECプラットフォームズ製のWiMAXルーターはWiMAX2+時代のWX06、WX05などはバッテリーが交換できるタイプでした。 ですから予備バッテリーなどもっておくと途中で入れ替えて利用することもできました。

ですからNECプラットフォームズ製品はバッテリーが交換できるイメージ強いかもしれませんが、WiMAX+5G以降の機種はバッテリーが交換できる機種は販売されていません。

充電器は純正品はおすすめしない

WiMAX X12おすすめのプロバイダから契約にすすむとオプションで充電器を販売しているプロバイダがありますが、充電器は市販品のほうがコスパがいいです。

USB Type-CケーブルとUSB PD対応のACアダプターがあればそれを利用すればOKです。特に買い足す必要はありません。

もし持っていなければ、充電器の選び方は「Speed Wi-Fi 5G X12の充電器の選び方とおすすめ」にまとめましたので参考にしてください。

OFDMA非対応も同じ

OFDMA非対応

X12もX11から変わらず、Wi-Fi6の目玉機能の1つでもあるOFDMA非対応です。複数デバイスを同時接続する場合にはOFDMAに対応してくれていたほうが、遅延が少なくなるのでいいのですが、X12でも対応はしていません。

X12とX11の違い・比較まとめ

X12とX11比較
  • 外観は変わらない
  • バッテリーはやや長持ちに
  • Wi-Fi6の性能は同じ
  • 大きな変化は5G SA対応くらい

旧モデルのX11から大きな性能向上は見られません。5G SA対応は期待できるのですが、いかんせんauの基地局側の整備が進まないと5G SA使えないので焦って乗り換える必要はないでしょう。

逆にこれから契約するのであれば、旧モデルのX11を選ぶ理由はありません。

Speed Wi-Fi 5G X12 と 他社製品を比較

Speed Wi-Fi 5G X12と他キャリアの機種を比較してみましょう。

モバイルルーター比較 横スクロールできます
サービス名製品画像型番メーカー通信速度サイズ連続通信時間対応回線機種代金
WiMAX+5G
x12
X12NECプラットフォームズ下り最大3.9Gbps/上り最大183Mbps約W136×H68×D14.8mm 約174g連続通信時間9時間sub6/NR化 5G SA対応27,720円
WiMAX+5G
scr01
scr01SAMSUNG下り最大2.2Gbps/上り最大183Mbps約W147×H76×D10.9mm 約203g連続通信時間16.5時間sub6/NR化21,780円
docomo
sh-54c
sh-54cSHARP下り最大4.9Gbps/上り最大1.1Gbps約W157×H84×D16.0mm 約282g連続通信時間7.5時間sub6/ミリ波/NR化96,800円
softbank
a004zt
a004ztZTE下り最大3.0Gbps/上り最大298Mbps約W133×H73×D18.6mm 約225g連続通信時間5.9時間sub6/ミリ波/NR化69,840円
au
x01
x01SHARP下り最大4.1Gbps/上り最大481Mbps約W154×H84×D16.0mm 約265g連続通信時間7.2時間sub6/ミリ波/NR化71,500円

WiMAXは機種が安い

WiMAXは機種代金が安いです。他社製品に比べると2割ほどの料金で機種が購入できます。 他社製品はとくに高額なものが多いため、分割で購入したとしても月々の負担が大きくなります。

WiMAXは月額料金が安い

WiMAXはプラチナバンドとミリ波をカバーしない代わりに、他社の無制限プランの半額以下の料金で利用することができます。

とくにドコモのサービスはミリ波までカバーしている代わりに料金が高くなります。

他社プランとの比較まとめ

WiMAXはコスパが優れている。ドコモは5GのSub6やミリ波地域に力を入れているのはわかりますが、それを全てモバイルルーターに詰め込むために、機種も高額で料金プランも高額になってしまっています。

すべての地域で高速な5Gが使えるわけではないので、ポケット型Wi-Fiは持ち運びも含めてバランスが大切だと感じるところです。

WiMAXはプラチナバンドと5Gミリ波を利用しない分だけ安く利用できる仕組みなので非常にコスパがいいです。

Speed Wi-Fi 5G X12 はホームルーターの代わりになる?

X12はホームルーターの代わりになります。X12は室内でも充電しながら利用すればホームルーターと変わらず利用できます。

ではホームルーターとモバイルタイプのルーター違いは何でしょうか。

機種Speed Wi-Fi 5G X12Speed Wi-Fi HOME5G L12
画像
Speed Wi-Fi 5G X12
Speed Wi-Fi HOME5G L12
製造元NECプラットフォームズ株式会社NECプラットフォームズ株式会社
ネットワーク5G(sub6/NR化)
4G LTE
WiMAX2+
5G(sub6/NR化)
4G LTE
WiMAX2+
連続通信時間9時間-
連続待受時間420時間-
同時接続台数1742
サイズ幅136×高さ68×奥行き14.8mm幅101×高さ179×奥行き99mm
重量174g446g
バッテリー容量4000mAh-
Wi-Fi規格5GhzIEEE802.11a/n/ac/axIEEE802.11a/n/ac/ax
Wi-Fi規格2.4GhzIEEE802.11b/g/n/axIEEE802.11b/g/n/ax
UIMサイズNanoICNanoIC
ダウンロード最大速度3,900Mbps2,700Mbps
アップロード最大速度183Mbps183Mbps
5G SA対応非対応
モバイルルーターとホームルーターの違い
  • 電源がバッテリーかコンセントか
  • 同時接続台数の違い

電源の違い

持ち運びができるタイプのSpeed Wi-Fi 5G X12はバッテリー内蔵なので持ち運びでも利用できます。一方、ホームルーターはコンセントに挿さないと利用できないため、持ち運びながらの利用はできません。

持ち運んで外でも利用することを想定しているならX12を利用するべきでしょう。

同時接続台数の違い

ホームルーターの一番の特徴は同時接続台数です。ホームルーターは最大で42台のデバイスを同時に接続することができます。 家族など大人数で利用するならホームルーターが向いています。

ホームルーターに代わりになるのか

Speed Wi-Fi 5G X12の同時接続台数は最大17台です。もし想定している同時接続台数が17台以下ならホームルーター代わりに利用することができるでしょう。

バッテリーがついていても充電しながら利用すればいいだけです。

Speed Wi-Fi 5G X12 で楽天モバイルは使える?

楽天モバイルで Speed Wi-Fi 5G X12 は利用することが出来ます。 最初にAPNの設定をしておかないとSIMカードを刺しても電波を拾いません。

楽天モバイルのAPNは、楽天モバイル契約時に一緒に送付されてくる「楽天モバイルスタートガイド」の「APN設定を行う場合(動作保証対象外)」のページのAPN情報を打ち込めばOKです。

APNを設定しないと電波を掴めないのでAPN設定は必須です。

APNの設定などは以下の記事にまとめているので参考にしてください。

関連記事

Speed Wi-Fi 5G X12 ユーザーの口コミ・評判

ユーザーの口コミが集まり次第順次掲載します。

速度は十分

さすがに速いエリアでは文句なしの速度がでます。

WiMAX最新機種X12 KDDI新宿ビル付近 安定してこれだけ出れば何も文句なし😉 ダウンロード297Mbps アップロード 57.8Mbps

Speed Wi-Fi 5G X12を契約するのにおすすめのプロバイダ

いまオススメの契約方法はこちらの記事にまとめました。 安くお得に契約する方法を解説しています!!

Speed Wi-Fi 5G X12 の最安値を見つけろ!WiMAXプロバイダ比較

Speed Wi-Fi 5G X12のキャンペーンをプロバイダの料金を比較してランキングにしています。 料金は 初期費用 + 月額料金 × 利用月数 + 端末代金 + 解約違約金 を合算した料金を表示しています。

1年利用時、2年利用時、3年利用時を切り替えて表示できるようにしています。

  • 1年料金
  • 2年料金
  • 3年料金
名前総料金詳細
58,856
66,704
75,350
75,636
80,014
80,069
80,234
81,267
81,321
ゼウス84,480-
hi-ho86,361-
eWi-Fi89,782-
90,156
ゼウス93,060-
au95,374-

Speed Wi-Fi 5G X12を契約するのにおすすめのプロバイダ

2024年のWiMAXの選び方はズバリこの2つです。

WiMAXプロバイダの選び方
  • 2年以内の契約なら -
  • 3年以上使う可能性があるなら -

初めてのWiMAXにおすすめのプロバイダ

BIGLOBE WiMAX

実際に利用してみるまでWiMAXの速度、エリアに満足できるかは分かりません。将来的にはネット回線の利用目的も変わるかもしれません。ですから、はじめてWiMAXを契約するのであれば柔軟性のある契約をオススメします。まずは短期解約でも金銭的な負担が少ないプロバイダから始めて、問題なければ長期契約ができるプロバイダに移ればいいでしょう。

つまり安く契約できて、短期間での解約でも不要な出費が少ないプロバイダを選ぶこと。最適なのがBIGLOBE WiMAXになります。

BIGLOBE WiMAXの3つのメリット

BIGLOBE WiMAXのメリット

2年以内の利用なら最安

BIGLOBE WiMAXは2年以内の利用であれば、契約事務手数料 + 機種代金 + 月々の通信料の合計が2年利用なら最安で利用できるプロバイダになります。

最低利用期間なし

BIGLOBE WiMAXは最低利用期間がありません。そのため契約後にいつ解約しても違約金などは発生しません。

キャッシュバックが翌月受け取れる

WiMAXのプロバイダはキャッシュバック受取までの期間が1年程度先になるプロバイダ多いなか、BIGLOBE WiMAXは契約月の翌月にキャッシュバックを受け取ることができます。

初めてのWiMAXに最適なのはBIGLOBE WiMAX

「速度やエリア」などは使ってみないとわからない部分が多いです。万が一満足ができなかったときのときのことを考えるとWiMAXを初めて使うなら解約時の費用負担を最低限に抑えられるBIGLOBE WiMAXなら安心して契約できるのではないでしょうか。

初めてのWiMAXなら

3年以上の長期契約で安く契約したい人におすすめのプロバイダ

GMOとくとくBB WiMAX

GMOとくとくBBはとにかく「料金の安さ」をウリにしているプロバイダです。長く契約するにあたって安くWiMAXを契約するならここを選んでおけば間違いありません。

WiMAXを安く契約

GMOとくとくBB WiMAXのメリット

高額キャッシュバック

GMOとくとくBB WiMAXの魅力は「高額なキャッシュバック」。受け取りが1年ほど先になるのがネックですが、キャッシュバックを利用することでWiMAXを安く利用することが出来ます。

月額料金も割引

キャッシュバック額ばかりに目が行きがちですが、実はGMOとくとくBBは月々の通信料の割引も大きいです。最大1000円ほど値引きされることもあります。

3年以上契約するならGMOとくとくBB WiMAX

3年以上契約するならGMOとくとくBB WiMAXがおすすめです。

注意点はキャッシュバックが1年ほど先になるため、キャッシュバック受け取り前に解約をすると、まったく安くないこと。WiMAXを利用したことがあるユーザーが契約するなら使い勝手もわかっているので問題ないですが、初めてWiMAXを契約するのならオススメできません。

WiMAXプロバイダの選び方
  • 2年以内の契約なら -
  • 3年以上使う可能性があるなら -

まとめ

Speed Wi-Fi 5G X12のメリット

メリット
  • 5G SA(スタンドアローン)対応: これにより、より高速な通信が可能になります。
  • Wi-Fi 6対応: Wi-Fi 6は高速で安定したインターネット接続を提供し、さまざまなデバイスの接続をより効率的に管理します。
  • 5Gの対応バンドが増えた: これにより、5Gがより利用しやすくなりました。
  • バッテリーの持続性が向上: X12のバッテリーは少しですが、長持ちするようになりました。
  • コストパフォーマンス: WiMAXは機種代金が安く、他社の無制限プランの半額以下の料金で利用することができます。

通信速度の向上が感じられそうです。

Speed Wi-Fi 5G X12のデメリット

デメリット
  • 外観の変化がない: X12もX11も製品の外観は同じで、ハード部分はそのまま旧モデルからの流用と思われます。
  • OFDMA非対応: X12もX11から変わらず、Wi-Fi6の目玉機能の1つでもあるOFDMA非対応です。複数デバイスを同時接続する場合にはOFDMAに対応してくれていたほうが、遅延が少なくなるのですが、X12でも対応はしていません。
  • 旧モデルからの大きな進化がない: 旧モデルのX11から大きな性能向上は見られません。5G SA対応は期待できるのですが、いかんせんauの基地局側の整備が進まないと5G SA使えないので焦って乗り換える必要はないでしょう。

それほど大きな変化がなかった点はデメリットになるでしょう。

いずれにしても旧モデルのX11よりは良い機種になっているのでこれからWiMXの契約をするのであればX12を契約しておくのがいいと思います。

あとは5G SAのエリアがどれくらいの速度で広がるかに注目です。その点を考慮すると慌てて乗り換えるほどの機種ではありません。すでにWiMAX+5Gを契約しているのなら、まだ利用している機種を継続利用しておくのがいいかと思います。

Speed Wi-Fi 5G X12を契約するのにおすすめのプロバイダはUQ もしくは GMOとくとくBB

WiMAXプロバイダの選び方
  • 1年以内の契約なら -
  • 1年以上使う可能性があるなら -

初めてWiMAXの契約をするのであれば、1年間の利用料金が最も安いを選びましょう。

もし、過去にWiMAXを利用したことがあって問題なくWiMAXが利用できることがわかっているならが安くなるのでこちらをオススメします。

この記事の結論
  • 2年以内の契約なら -
  • 3年以上使う可能性があるなら -
WiMAX

※ この情報は2024年07月17日現在の情報です
※ 最新の情報については必ず公式サイトでご確認ください。
※ 本記事は可能な限り正確な情報を記載しておりますが、内容の正確性や安全性、収益性を保証するものではありません。
※ 本記事ではインターネット回線に関する情報を提供していますが、サービス契約の代理、媒介、斡旋をするものではありません。
※ 本記事にて公開している情報を利用された際に生じたいかなる損害につきましても責任を負いかねますのでご了承下さい。
※ インターネット回線の契約・申込みはご自身で各社のホームページを確認、判断いただきますようお願いします。